トレンド

ファミマ“超シンプル”300円カレーライスの安心感「こういうのでいいんだよ」の声

セブン-イレブンのカレーと食べ比べ

セブン−イレブン『牛の旨味が決め手 欧風ビーフカレー』。価格は594円

セブン−イレブン『牛の旨味が決め手 欧風ビーフカレー』。価格は594円

 他のコンビニカレーと比べてみるとどうだろうか。セブン−イレブンでは、比較的シンプルなカレーライスとして『牛の旨味が決め手 欧風ビーフカレー』を販売中だ。価格は594円、実測した重量は442g、カロリーは780kcal。こちらも記者Aが実食した。

「ごろっとした牛肉がたくさん入っていて、食べごたえがあります。ルーはどちらかというとシャバシャバで、ライスに浸透させながら食べる感じ。シンプルではありますが、洋食店の“ビーフカレー”といった雰囲気。辛さはファミマに比べるとちょっと甘め。ボリュームがしっかりあるので、満足度はかなり高いと思います」(記者A)

 同じシンプルなカレーライスではあるが、方向性は異なるこの2品。だからこそ、それぞれの魅力も際立ってくる。

セブン−イレブン『牛の旨味が決め手 欧風ビーフカレー』。ゴロっとした牛肉がたくさん入っている

セブン−イレブン『牛の旨味が決め手 欧風ビーフカレー』。ゴロっとした牛肉がたくさん入っている

「セブン−イレブンの『牛の旨味が決め手 欧風ビーフカレー』は、“本格的なカレー”。一方で、ファミマの『30種類以上のスパイス使用こだわりカレー』は、とことんシンプルであることにこだわったカレーライスです。もちろん本格的なカレーは抜群に美味しいのですが、この『30種類以上のスパイス使用こだわりカレー』を食べた時に、『一周して、こういう超シンプルなカレーが食べたかった』と思いました。絶対にハズレることのない安心感を300円で買えるのは素晴らしいと思います」(記者A)

 ネット上では「こういうのでいいんだよ」という言葉が頻繁に使われている。もともとは漫画『孤独のグルメ』で、主人公の井之頭五郎がオーソドックスでシンプルな料理に対して使った表現で、ネット上でもシンプルなものに対する安心感や、懐かしさを含めた褒め言葉として使われることが多い。ファミリーマートの『30種類以上のスパイス使用こだわりカレー』は、まさに「こういのでいいんだよ」といったカレーライスとして人気を集めているようだ。

関連キーワード

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。