マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

手書きの曲名、エアチェック…どうしても捨てられない「カセットテープ」の思い出

2022年9月6日 16:00 マネーポストWEB

実家に残されたカセットテープが捨てられない…(イメージ)
実家に残されたカセットテープが捨てられない…(イメージ)

 時代とともに変わってきた音楽視聴スタイル。昨今はサブスク形式の音楽ストリーミングサービスが台頭し、主流になりつつある。だが、かつて青春時代を振り返ると、「カセットテープ」を擦り切れるほど聴いていたという世代も少なくないだろう。今ではカセットデッキを持っておらず、聴くことすらままならないにもかかわらず、愛着があるアイテムであるだけに、なかなか処分できない人もいるようだ。そんな「捨てられないカセットテープ」の思い出を聞いた。

「マイベスト版」に手書きのインデックス

 メーカーに勤務する40代男性・Aさんは今夏、実家に帰省した際に置きっぱなしになっていた古いカセットテープを片づけるように親から言われた。その中には、Aさんが初めて買ったカセットテープもあった。

「小学生の時に買った『ドラゴンクエストIIIそして伝説へ…』のサウンドトラックです。A面がオーケストラで、B面がファミコン(ファミリーコンピュータ)音源そのままのサウンドが収録されているのですが、当時はそれこそ擦り切れるほど繰り返し聴きました。こういう思い入れのあるものはどうしても捨てられないですね」

 Aさんの部屋からは、仲が良い友達と交換していた思い出のカセットテープも見つかり、懐かしさのあまり捨てるに捨てられずにいるという。

「レンタルCDからお気に入りの曲を入れた“マイベスト版”のカセットテープを友達とよく交換していました。そのテープがまだ何本か残っていたんです。友人の手で書かれたカセットテープのインデックスラベルを見ながら、『この人はどういう想いでこの曲を入れたのかな』とか、いろいろ想像をめぐらせていると、あっという間に時間が過ぎました。

 他には、カセットテープに自分の声を吹き込んで、カセットを交換し合う交換日記ならぬ“交換カセットテープ”をしていたこともありました。そうした思い出をカセットテープ好きな20代の同僚に話すと、『聞いてみたい』と興味津々の顔をされましたが、恥ずかしいので丁寧に断りました(笑)」(Aさん)

 捨てるのはもったいないと思ったAさんは、カセットテープを再生するための「カセットデッキ」がほしいと思っているという。

「実家のカセットテープを見ていると、処分する前にもう一度聴きたいという気持ちが出てきたんです。今はデッキがほしいと思っているところで、買ったら、同世代を呼んで、お酒を飲みながら聴きたいですね」(Aさん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。