マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

真壁昭夫 行動経済学で読み解く金融市場の今

為替介入でも円安が止まらないドル円相場 円高反転の契機となり得る2つの要因

2022年9月29日 7:00 マネーポストWEB

今後も為替介入が続く可能性もあるが…(黒田東彦・日銀総裁。時事通信フォト)「
今後も為替介入が続く可能性もあるが…(黒田東彦・日銀総裁。時事通信フォト)「

 人は常に合理的な行動をとるとは限らず、時に説明のつかない行動に出るもの。そんな“ありのままの人間”が動かす経済や金融の実態を読み解くのが「行動経済学」だ。今起きている旬なニュースを切り取り、その背景や人々の心理を、行動経済学の第一人者である多摩大学特別招聘教授・真壁昭夫氏が解説するシリーズ「行動経済学で読み解く金融市場の今」。第42回は、「為替介入」の効果について分析する。

 * * *
 急激に進んだ円安に歯止めをかけようと、政府・日銀は9月22日に「為替介入」に踏み切った。ドル売り円買いの介入は1998年以来、実に24年ぶり。その規模は前回を超える3兆円以上と推計されることから、まさに「伝家の宝刀」を抜いた格好である。

 9月21日にFRB(米連邦準備制度理事会)が0.75%の追加利上げを決めた一方、翌22日には日銀が金融緩和の維持を決定し、日米の金利差がさらに広がることで、一時1ドル=145円台後半まで円安が進んだ。これに対して為替介入が行なわれたことで、22日は一時140円台前半まで、一気に5円ほど円高に動いた。

 それだけを見れば、確かに為替介入の効果はあったといえるだろう。しかし、米国との「協調介入」ならいざ知らず、今回は日本側の「単独介入」である。単独介入は短期的な効果は発揮しても、長い目で見れば効いた試しがない。1998年の円買い介入でも、その効果は極めて限定的だった。

 現に、週明けの26日には144円台まで戻るなど、その効果はすでに薄れている。今後、2回目、3回目の為替介入に踏み切ったとしても、「限界効用逓減の法則」によって効き目はどんどん薄れていくに違いない。

 そもそも為替市場に当局が干渉する為替介入は、いくら単独介入といっても相手国の理解を得る必要がある。為替介入について米国は「1ドル=145円になったから」などと為替水準だけで判断することは認めておらず、あくまで短期間の激しい値動きに対してのみ一定の理解をする。今回はドル円相場が短期間で激変したために、米国側が日本単独の介入を容認し“援護射撃”した格好だ。

 そう考えていくと、この先も激しい値動きに見舞われれば、為替介入に踏み切る可能性はあるが、その効果は極めて限定的にならざるを得ないのではないか。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。