マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

藤川里絵「さあ、投資を始めよう!」

いずれも過去10年で年利18%超の実績!リスクを取りつつ平均以上のリターンを狙える「日本の中小型株投信」5選

2022年10月31日 20:00 マネーポストWEB

投資信託の情報は月次レポートで逐一確認することができる(イメージ)
投資信託の情報は月次レポートで逐一確認することができる(イメージ)

 市場の平均に連動する「インデックス投信」に対し、リスクを取りながら平均点以上のパフォーマンスを目指す「アクティブ投信」。実際に投資しようと考えた場合、どのような候補があるのか。『世界一楽しい!会社四季報の読み方』などの著書がある個人投資家で株式投資講師・藤川里絵さんが解説するシリーズ「さあ、投資を始めよう!」。第18回は、「日本の中小型株投信の選び方」について。

 * * *
 前回は、攻めと守りを兼ね備えた「コア・サテライト運用」をする際の「サテライト」(ポートフォリオの20~30%でリスクを許容する資産)に向いているアクティブ投信の選び方を解説しました。基準として、シャープレシオ(運用で取ったリスクに対してどれだけリターンを上げたかを示す指標)が1以上であること、組入銘柄がインデックス投信と重なっていないこと、純資産額が1000億円未満であること、この3つの条件が揃っているアクティブ投信に注目したいところです。

 今回は、その条件に合ったものから、日本株にしぼって優秀なアクティブ投信5つを紹介しましょう。【※以下の数字や銘柄詳細はすべて原稿執筆時点(2022年10月19日時点)のものです】

組入銘柄にも注目、中小型アクティブ投信5選

【1】スーパー小型株ポートフォリオ(三井住友DSアセットマネジメント)

[投信の詳細]
10年リターン(年率)18.77%、10年シャープレシオ1.17、純資産額764百万円、信託報酬0.83%

・ファンドの特色
 小型株を中心に、新産業、新ビジネスに携わっている企業や強固なビジネスモデルを保有する企業を中心にポートフォリオを作成。2022年9月30日付のレポートでは、ファンドマネージャーから「小型株がいい感じなんです(中略)“いい流れ”が来ていると思う」と力強いメッセージが書かれています。

 1994年6月に設定され長期にわたって高リターンを達成している優秀ファンドですが、2024年3月に償還予定であることには注意が必要です。とはいえ、ここから小型株が急回復してくるとすれば、短期勝負に出るのもおもしろそうです。

・組入上位10銘柄
(1)NSD 情報・通信業 1.6%
(2)DTS 情報・通信業 1.5%
(3)物語コーポレーション 小売業 1.5%
(4)ライト工業 建設業 1.4%
(5)プレミアグループ その他金融業 1.4%
(6)JBCCホールディングス 情報・通信業 1.4%
(7)スター精密 機械 1.4%
(8)セーレン 繊維製品 1.4%
(9)アイティフォー 情報・通信業 1.4%
(10)ベルシステム24ホールディングス サービス業 1.4%

【2】SBI 中小型成長株F ジェイネクスト「愛称:jnext」(SBIアセットマネジメント)

[投信の詳細]
10年リターン(年率)21.30%、10年シャープレシオ1.12、純資産額6,497百万円、信託報酬1.65%

・ファンドの特色
 現在は、何らかの理由により割安な株価であるものの、将来への成長機会を持つ、革新的な高成長が期待される企業の株式に厳選投資する投信です。徹底した社長インタビュー、現場視察などを行い、その際の面談記録・データ検証をもとに継続的に調査を行い、銘柄選択を実践。手間暇をかけた分析が、好成績をもたらしているようです。

 組入銘柄数は58銘柄とかなり厳選されていますが、投資タイミングは、時間分散し、リスクを軽減しています。上位銘柄にはリオープン銘柄が多く、いちはやく株価の戻りを享受できている側面もあるでしょう。

・組入上位10銘柄
(1)寿スピリッツ 食料品 3.4%
(2)エムアップホールディングス 情報・通信業 3.3%
(3)ティーケーピー 不動産業 3.1%
(4)前田工繊 その他製品 3.0%
(5)シグマクシス・ホールディングス サービス業 3.0%
(6)エラン サービス業 2.9%
(7)トランザクション その他製品 2.9%
(8)ジャパンマテリアル サービス業 2.9%
(9)エスプール サービス業 2.9%
(10)ラウンドワン サービス業 2.8%

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。