マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

葬儀で「パンツスーツや金髪はNG」は本当か? 葬儀のプロが明かすマナーの“線引き”

2022年11月22日 15:00 マネーポストWEB

悩む人も多い「葬儀の服装」のマナー問題(イメージ)
悩む人も多い「葬儀の服装」のマナー問題(イメージ)

 葬儀やお通夜に参列する際、気になるのは服装マナー。調べれば調べるほどさまざまな声があり、戸惑った経験はないだろうか。女性はパンツスーツでも問題ないのか、革靴はアウトなのか……等々、迷ってしまうことは少なくない。故人や家族に失礼に当たらない服装とはどんなものなのか。葬儀マナーに悩んだ経験を持つ人のリアルな声とともに、葬儀のプロの見解を紹介しよう。

デパート店員は「“最善”を尽くすのが礼儀」と言うが…

 メーカー勤務のAさん(40代女性)は、数年前祖父の葬儀に参列するため、喪服を用意する必要があった。それまで、通夜に参列したことはあっても、葬儀の経験はなかった。喪服の「正解」がわからず、デパートに駆け込んだ。

「黒いパンツスーツなら持っていたので、それではダメなのかと店員さんに質問したら、パンツスーツは“微妙”という答えでした。ベストの服装はワンピースのアンサンブルで、『社会人経験が少ない20代ならともかく、40代ともなると、上の世代から“常識”を疑われる可能性もあるので、新しく買った方がいい』と言われ、そんなものかと思ってアンサンブルを買いました。

 店員さんの話では、『靴やバッグなど革製品を身につけて参列するのは“殺生”を想起させるから避けた方がいい』ということでしたが、しょっちゅう使うわけではないものをすべて揃えるのは無駄だと思い、それらは手持ちのもので誤魔化しました。葬儀本番では革靴の人もパンツスーツの人もいて、“マナー警察”がいなかったことにホッとしました。

 店員さんは『故人への気持ちがあるなら“最善”を尽くすのが礼儀』と言っていましたが、やっぱり無駄ですよね。アンサンブルだって、多分今はもうサイズがキツイので、今度葬儀に参列するようなことがあっても着られない……。次は全てレンタルでいいかなと思います」(Aさん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。