ビジネス

自分で選んだように思わせて「選ばされている」 霊感商法や高額献金に誘い込む巧妙なワナ

霊感商法や高額献金に誘い込む手口にはどのようなものがあるのか(写真:イメージマート)

霊感商法や高額献金に誘い込む手口にはどのようなものがあるのか(写真:イメージマート)

 人の不安につけこみ、高額な壺や印鑑を言葉巧みに売りつける「霊感商法」や「高額献金」が社会問題となっている。元統一教会信者で、詐欺・悪徳商法に詳しいジャーナリストの多田文明氏によると、霊感商法や高額献金に誘い込む手法として「巧妙なマインドコントロール」があるという。多田氏が自身の体験も交えて解説する。
 
 * * *
 旧統一教会の信者として、教団のマインドコントロールの手口にまんまとはまり、約10年近い時を送りました。そこでは、どんな心理的誘導が行われているのでしょうか。

 教団がこれまで行ってきた霊感商法や高額献金による被害は、組織的なマニュアルを用いて全国規模で繰り返し行った結果です。教団は、様々な社会常識を逸脱したお金集めを行ったわけですが、教団が使った悪質性の行為のひとつに、「自分が選んだように思わせて、実は、選ばされている」という、実に巧妙なマインドコントロールの手口があります。

 過去に、街頭で「生活意識調査です」「手相の勉強をしています」と声をかけられた経験のある人も多いと思います。この目的は、旧統一教会の教義を学ばせるためのビデオセンターに誘い込むことです。教団の正体を隠した手口で誘われてしまうと、まさに「選ばされている」手口にはまっていくことになります。

 貯金500万円を持っている架空のA子さんのケースから、どのように誘導されてしまうのかを拙著『信じる者は、ダマされる。~元統一教会信者だから書けた「マインドコントロール」の手口』の一節から解き明かします。

 A 子さんがビデオセンターに通ってから、〈1カ月ほどして、教義がある程度、頭にすり込まれたところで、2日間の泊まり込みのセミナー(2 Day’s)に参加させます。ここでは受講生の心に訴えるような講義がなされますが、実はこの「お泊り」が大事で、教団では信者になると、ホームと呼ばれるところで四六時中、共同生活をすることになりますので、その第一歩として2日間のセミナーを経験させます。(中略)セミナーを終えたA子さんには不思議な高揚感があり、教団側はすかさず次のステップである、2週間の泊まり込みが基本の「ライフトレーニング」に誘われて、参加することになります。(中略)ライフトレーニングの最終日近くで、ようやく「統一教会」であることを告げられます。

 そして次のステップである「4日間セミナー(4Day’s)」に参加することになり、その後も延々とトレーニングは続き、信者となる道が用意されています。おそらくA子さんは「自ら選んで先に進んでいる」と思うかもしれません。しかし、そうではないのです。すでに教義が心に刷り込まれている状況では、霊界の実在や神様の存在も信じさせられています。神様の言葉を守った行動を取らなければ「不幸になる」「地獄にいく」とも思わされていますので、先に進まざるをえない状況なのです。〉(『信じる者は、ダマされる。』より。以下〈〉内も同様)

関連キーワード

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。