トレンド

「知り合いと繋がるのは気まずい」Twitter利用をひた隠しにする若者たちの本音

“Twitter利用隠し”する若者たちの本音は?(イメージ)

“Twitter利用隠し”する若者たちの本音は?(イメージ)

 自分から発信するだけでなく、リアルタイムにトレンドを把握できるTwitter。世の中の動向に敏感な若者なら、利用しているのは当然だと考えるだろうが、「Twitterやってる? アカウント持ってる?」と問えば、「やってない」「興味がない」と答える若者も少なくないようだ。

 だがデータを見ると、若者の多くがTwitterを利用している実態がある。総務省の資料「令和3年度 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」によると、20代の利用割合が78.6%と最も多く、次いで10代(67.4%)、30代(57.9%)となっている。このように若者たちはTwitterを利用しているにもかかわらず、なぜその事実を「隠す」のだろうか。当事者たちに本音を聞いた。

Instagramは教えてもTwitterは無理

 メーカーで働く20代女性・Aさんは、Twitterアカウントは持っているが、「日常の“本当にどうでもいいこと”か、本音しか投稿しない」。そして、基本的にリアルの知り合いにTwitterのアカウントを教えることはないという。

「Twitterは、日常のボヤキや、トレンドの話題やニュースに対する感想や意見をふとつぶやくもの。でも、それをリアルの知り合いに話したいかというと、必ずしもそうではありません。誰にも知られていないから、本音がつぶやけるって思うんですよね。

 そんな事情を知らない人からアカウントを聞かれた時、『お前には教えたくない』とは言えないので、『Twitterやってないんです。興味なくて……』で済ませています。人によってはLINEも教えたくないので、『ほとんど使ってないので』と答え、どうしてもという場合にはインスタ(Instagram)を教えます。

 TwitterやLINEは、リアルタイム感が強くて、『見てなかった』『気づかなかった』があまり許されない感じがしますが、インスタなら『見ていない』がアリな気がして」(Aさん)

関連キーワード

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。