マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

「マネーポスト」2017年新春号 注目記事

数千万円達成“プチドリーム・トレーダー”5人が大告白 「私はこうして資産を築き上げました」

2016年12月6日 6:00

 14年10月頃は、日経平均1万6000円を高値とするボックス相場だったので「これ以上は上がらないだろう」と思って日経225のコールオプションを売っていました。

 予想通り1万6000円を超えなければ利益が出たのですが、黒田バズーカ第2弾で日経平均も急騰。500万円のマイナスを食らったこともあります……。

 こういった経験から、“攻め”だけで勝ち続けることはできないと痛感しましたね。何かあったときに“守り”が強くないと、そこで退場してしまう。損切りもそうですし、分散投資もヘッジもそう。“守り”を意識した売買を心がけるようにしています。

【PROFILE】 
ランケンさん(ハンドルネーム)40代/投資歴18年、神奈川県在住。06年、元手100万円でFXをスタート。ブログ「南アフリカランド研究所」(http://fxzar.blog54.fc2.com/)でFXや経済情報を発信。外資系IT企業で働く傍ら、FX、日本株、先物・オプション、CFD、コモディティなど幅広い取引をする。

【億り人予備軍(4):田村浩司さん(仮名)】(運用金額1400万円)
FXで毎年平均60%ほどの利益を実現!
毎月の給料は住宅ローン返済と老後資金に回す

毎朝4時に起きて、「フィナンシャルタイム ズ」やテレビのニュース番組をチェックして から出勤する日々

毎朝4時に起きて、「フィナンシャルタイムズ」や
テレビのニュース番組をチェックしてから出勤する日々

 06年までまったく投資に興味がなく、やっていたのは会社の財形貯蓄くらい。ちょうどその頃、会社の大きな変革があり、将来不安から「自分も変わらないと」という危機感を持ったんです。

 それから500円玉貯金と2000円札貯金を加速させました。2年で293万円を貯め、FXをスタート。

 しかし、当時はリーマン・ショック真っ只中で、相場環境は最悪。南アランド/円と豪ドル/円の買い一辺倒で80万円の負けとなり、投資初年度はほろ苦いデビューとなりました。
 
 それからはロングだけでなくショートも織り交ぜたり、通貨ごとのチャートのクセを分析するようになりました。

 例えば下値支持線まで下落してきた場合、反発してボックス継続だったらロング、確実に割って下落トレンドが確認できたらショートと、状況を見極めてからエントリーすることを心がけました。

 これでパフォーマンスが向上し、09年以降は年間の損益は全勝、平均年60%ほど殖やすことができています。

 現在、FXで900万円くらい、投信を500万円くらい運用していますが、基本的にFXで儲けた利益は生活費や趣味の海外旅行代に使っています。一昨年は年初500万円だったのですが、一昨年と去年の2年間で700万円ほどの利益を得ることができました。

 その利益もほぼすべて出金して使いました。私は海外旅行が好きなので、ヒルトンの高級コンドミニアムを1週間単位で所有できるタイムシェアプログラム「ヒルトン・グランド・バケーションズ」を350万円分追加購入したほか、車の購入に200万円、生活費に150万円ほど充てています。

「FX運用ガイド」の注目記事

株は好調だがFXは? 取引に悩んでいる人はシストレが参考に
40代投資家 「守り」を意識した売買で5000万円突破
3か月で稼ぎは40万円以上、最大損は数万円に限定したシストレFX

カードローンQ&A

誰にも「ばれない」でカードローンを利用する事は出来るのか?
  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 9月は20万円の儲け ビジネスマンでも稼げたFXの取引方法を解説
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

     日頃、雑誌『マネーポスト』をご愛読いただきまして誠にありがとうございます。このたび、『マネーポスト』は2017年夏号(2017年6月1日発売号)をもって、当サイトに完全移行・統合することとなりました。
     これまでのご愛顧に心から感謝いたしますとともに、「マネーポストWEB」も同様にお引き立ていただければ幸いです。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2017 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。