マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

ラーメン、牛丼、食べ放題…満腹・満足の食費節約術

2017年2月4日 16:00

「3食入り」ラーメンを3食で食べる必要はない!

「3食入り」ラーメンを3食で食べる必要はない!

 日々の「節約」を考えることは家計を助けることに繋がるが、「他者から押し付けられたものに従わないと案外節約できますよ」と語るのは、『節約する人に貧しい人はいない』(幻冬舎)などの著書があるネットニュース編集者の中川淳一郎氏だ。同氏が「袋入りラーメン」「牛丼」「食べ放題」に関する節約術について解説する。

 * * *
 普段スーパーやコンビニで何かを買うとき「〇人前」の表記を見ることは多いのではないでしょうか。「3人前」と明確に言い切るものもあれば、「4~5人前」と幅のある記述をすることもありますが、いずれも作り手の側が「これは〇人の方に最適な量ですよ」を提示しているわけです。

 しかしながら私が言いたいのは、「この記述に素直に従うな」ということです。理由は、我々個々人の胃袋の大きさは異なるわけで、メーカーが言うところの「3人前」などはあくまでも目安でしかないから。それを頑なに信じてその商品を購入した場合、果たして最適な効用(支払った額に対するリターン)は得られるものでしょうか。

 現在、私は2人で暮らしていますが、よく「3食入り」の中華麺を買います。「3食入り」というものはよくできたもので、3人家族であれば、問題なく使い切れるものの、2人家族や4人家族であれば、どうしても2袋買わざるを得ないものです。それはさておき、3食入り中華麺には醤油ラーメン、味噌ラーメン、塩ラーメン、チャンポン、焼きそばなどいろいろありますが、多くのラーメンは1人分が110gか120gです。チャンポンの場合は140gです。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

「LINE」の500円から始める積立投資 特徴は低リスク志向の初心者向け
楽天やdポイントで株投資 100ポイントの少額投資も可能
キャッシュレス決済「LINE Pay」の使い方や特徴を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。