マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

ラーメン、牛丼、食べ放題…満腹・満足の食費節約術

2017年2月4日 16:00

 実はこれを「2人前」使ってしまうと、小食な我々としてはかなり多いのです。そこで、「2人前」の麺とスープを使うのではなく、麺は「1.5人前」を使う。そして「2人前」のスープを使う。1食あたり110gの麺であれば、2人で165g、1人あたり82.5gであり、これが我々にとっての適正量なのであります。どちらにせよ、110gずつ分けて食べた場合、間違いなく残してしまい、大切な食べ物を廃棄する罪悪感も含め、「コスパ」は悪くなります。だったら、1.5人前にし、腹八分目で一食まかなうべきなのです。

 そうなると、2回目のラーメンを食べる時、スープが1食分しかないじゃないか! と思うかもしれませんが、ここで登場するのが中華調味料「創味シャンタン」。これをぶち込んでおけば、立派なスープになります。塩ラーメンであれば、それだけでOK、醤油ラーメンだったら醤油を少し入れ、味噌ラーメンならば味噌入れときゃいいんです。これで「スープ足りない問題」も解決です。

 これらの「3食入り麺」は148~218円ほどで買えますが、これを我が家では1袋で「4食」にしているわけです。かくして、1袋買っても2回でキッチリと使い切れます。金額については、1回の2人の食事の基礎消費(野菜や肉を除いた額)は74~109円に抑えることができます。もしも律儀に「1食」ずつとした場合は、2人分が99~145円になります。この段階で数十円節約できているワケであり、量が多すぎて残す必要もない適正量を食べることが可能となるのですね。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

相場を予測しないFXで資産1000万円を達成した元公務員
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
30代FX投資家 「リスク」重視の運用で1000万円を突破

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。