マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

Apple PayでSuicaをお得に使う方法

2017年2月8日 16:00

 そこで、ビューカードの中から注目カードを挙げると、まずはビックカメラSuicaカード。なんといっても、年1回カードを利用すれば翌年度の年会費が無料となるというメリットが大きい。カードの利用にはSuicaチャージも含まれるので、“実質年会費無料”といえる。ビューカードの中で、チャージポイントの還元率が1.5%で年会費が無料なのはビックカメラSuicaカードだけだ(リボルビング払い専用の「ビュー・スイカ」リボカードは除く)。

 もし、「マメにチャージをするのでオートチャージ機能は必要ない」という人であれば、楽天カードも選択肢になる。楽天カードはWalletアプリとSuicaアプリに登録が可能で、Suicaへのチャージポイントも1%付く。もちろん年会費は無料なので、楽天スーパーポイントを集めている人にはいいだろう。なお、国際ブランドがVISAの場合、Walletアプリには登録ができるがSuicaへのチャージはできない。Suicaアプリは登録、チャージとも問題なくできる。

 もう一枚、“裏ワザ”的なカードを挙げておこう。LINE Payカードである。これはクレジットカードではなく、JCBとLINEが提携して発行するプリペイドカードなのだが、モバイルSuicaに登録可能で、Suicaへのチャージでポイントが貯まる。その還元率はなんと2%。貯まるポイントはLINEポイントで、1ポイント単位でLINE Payカードにチャージができるので、ムダがない。しかも、セブン-イレブンを除く主要なコンビニで購入できるため、思い立ったらすぐに利用できるという利便性もある。年会費も無料だ。

 最後に、SuicaのApple Payで変更になった部分を紹介する。それはモバイルSuicaの年会費。ガラケーやiPhone以外のスマホでSuicaを使う場合、基本的にモバイルSuicaの年会費として1030円が必要となる。それが、Apple Payでは無料となった。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。