マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

トランプ相場の勝者は?日経ヘイキンズ vs NYダウズ徹底比較

2017年2月7日 7:00

 8番は好不調の波はあるものの、一発長打のある野村ホールディングス。

「証券会社は企業努力よりも市況に大きな影響を受けます。業績は相場次第で不安定なところがあるので上位打線には入れられませんが、トランプノミクスで株式相場が一段と上がる展開になれば、大幅上昇が期待できそうです」(藤井氏)

 藤井氏は9番に“影の1番”としての期待も込めて、デンソーを抜擢する。

「デンソーは車の自動運転時代に備えて、先進自動運転システムやミラーレスの開発に力を入れている。業績に寄与するのはもう少し先でしょうが、いずれ日経ヘイキンズを牽引する選手になる可能性は大です」

日経ヘイキンズ、カギは秋の大型補強

 日経ヘイキンズも粒揃いだが、気になるのは、スタメン起用の理由の多くがダウズオーナーのトランプ氏の政策にあるという点だ。田代氏が指摘する。

「日経ヘイキンズには、もともと外圧の影響を受けやすいチームカラーがある。昨年は3月まで外国人投資家の容赦ない売り圧力に屈して1万5000円を割り込んだ。年末はトランプ氏の政策に対する期待から、外国人買いを材料に株価が上昇しました」

 それでは結局、ダウズとのゲーム差は縮まらないように思えるが、実は日経ヘイキンズにはNYダウズにはない強みもある。

「NYダウズの攻撃力はすごいが、誰かが絶不調になればチームの勝敗に直結する不安定さがある。その点、日経ヘイキンズは225銘柄と選手層も厚いので、戦績は安定している」(平野氏)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。