マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

トランプ相場の勝者は?日経ヘイキンズ vs NYダウズ徹底比較

2017年2月7日 7:00

 さらに今シーズンのダウズは、首脳陣の不和がある。

「オーナーのトランプ氏と監督であるジャネット・イエレンFRB議長の間にはすきま風が吹いている。イエレン氏は今年、政策金利を4回上げるかもしれない。アメリカが政策金利を上げればドルが上昇し、トランプ氏の目指すドル安とは正反対の方向に向かう。そうするとNYダウは鈍り、日経平均は円安の追い風を受けて上昇する。今年の日経ヘイキンズは、ダウズが2万ドル近辺にいる間に、2万6000円超えも夢ではない」(藤井氏)

 カギとなるのは秋の大型補強だ。日経ヘイキンズは毎年、10月に銘柄の定期入れ替えを行なう。加入が噂されるのが任天堂だ。

「『ポケモン』で世界のゲーム市場を席巻するなどインパクト面では期待の新戦力です」(田代氏)

 ダウズに開幕ダッシュは許したが、秋からのプレーオフシーズンにヘイキンズが圧倒――そんなシナリオも現実味がある。

※週刊ポスト2017年2月17日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。