マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

トランプ相場の勝者は?日経ヘイキンズ vs NYダウズ徹底比較

2017年2月7日 7:00

「対トランプ相場シフト」での4番は?

日経ヘイキンズのスタメン
日経ヘイキンズのスタメン

 このメンバーを見ると、日米の株価について“米国がくしゃみすると、日本が風邪を引く”と評されたことに説得力がありそうに思えるが、日経ヘイキンズにも「トランプ相場」のなかで対抗の余地はあるという。

“対トランプ相場シフト”での4番はソフトバンクだ。

「ドコモやauとは違い、ソフトバンクは国際的な通信会社として“世界に通用する選手”です。しかも孫正義社長がいち早くトランプ氏と会談して米国企業への投資をぶち上げるなど、ソフトバンクはトランプノミクスのど真ん中銘柄。今年の活躍に期待大です」(ケイ・アセット代表の平野憲一氏)

 寄与度ナンバーワンで本来なら4番を打つはずのファーストリテイリングは、5番という位置づけ。

「小売業は不調が続いている。不振が続くとチーム成績に直結するので、浮沈のカギを握る存在」(平野氏)

 3番には今シーズンの飛躍への期待から、三菱UFJフィナンシャルグループを推す。

「アメリカで利上げの方向性が強くなるのが好材料になる。今年は日本の金融セクターは折に触れて買われると思います」(平野氏)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。