マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

トランプ相場の勝者は?日経ヘイキンズ vs NYダウズ徹底比較

2017年2月7日 7:00

 長打力と勝負強さが求められる5番には航空機メーカー世界最大手のボーイングが座る。トランプ氏がライバル社・ロッキード製「F-35」の調達見直しに言及。ボーイングにもチャンスが回ってきそうだ。

「新興国を中心に飛行機の需要が爆発的に伸びることが予想されます。ベテラン選手ですが、まだまだ衰えは見えません」(藤井氏)

 1番は俊足のナイキ。世界最大のスポーツ用品メーカーもベテランながら成長途上。今年のテニスの全豪オープン(1月16~29日開催)決勝がフェデラー対ナダルの“ナイキ対決”になるなど、存在感は抜群だ。

 2番を打つのはウォルト・ディズニー。『スター・ウォーズ』シリーズなど確実にヒットを打つ堅実さに加え、時に『アナと雪の女王』のような特大ホームランも放つから怖い。

「変幻自在の曲者で、相手投手は気が抜けない。こうした独創性があってユニークな選手がいるのもダウズの強さでしょう」(田代氏)

 藤井氏もディズニーをこう高く評価する。

「動画配信チャンネルが伸びていて、傘下であるアメリカのスポーツ専門チャンネルであるESPNの登録者が増えている。業績の柱が増え、足腰はさらに強くなって株価は上げ潮です」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。