マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トランプ相場の勝者は?日経ヘイキンズ vs NYダウズ徹底比較

2017年2月7日 7:00

 最近のダウズの好調の背景には、新オーナーであるドナルド・トランプ大統領の経済政策への期待がある。オーナー着任5日後の1月25日には史上初となる2万ドルを突破した。

 そんなダウズのスタメンを選ぶとしたら、どんな顔ぶれになるのか。日経平均やダウ平均などの株価指数は、構成銘柄の「寄与度(構成率)」に差がある。その値動きがチームの勝敗に直結する寄与度の高い銘柄を中心に、オーダーを組んでみた。

下位打線に世界最大手

NYダウズのスタメン

NYダウズのスタメン

 不動の4番は金融大手のゴールドマン・サックスだ。

「球団への貢献度(寄与度)はナンバーワン。トランプ大統領の就任以来株価は上昇し、230ドルを超えている。金融の規制緩和とアメリカの金利正常化による利ザヤ確保など“甘い球”がどんどん投げ込まれそうで、ホームラン量産も期待できます」(カブ知恵代表・藤井英敏氏)

 背景としては、トランプ氏の“組閣”で財務長官に元ゴールドマン・サックスのスティーブン・ムニューチン氏が指名されたことが大きい。ダウズの牽引役である。

 3番としてクリーンアップの一角を担うのは、2015年に大物ベテラン選手・AT&Tとのトレードでダウズ入りしたアップル。若さとスマートさで若者を中心に世界中にファンを持つ。ただし、オーナーのトランプ氏に中国工場での製造を批判され、一時株価が下落するなど、好不調の波がありそう。今後、ワンマンオーナーと折り合いをつけられるかが活躍のカギだ。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

週に1回設定を見直すだけの「シューイチFX」で年利40%を本気で目指す
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。