マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

過去に特需も 朝鮮半島情勢緊迫は日本経済に何をもたらすか

2017年4月18日 7:00

 その他にも、朝鮮戦争に起因する物資特需は、土嚢用の麻袋や軍服需要が生まれた繊維織物類、橋梁用鉄鋼材や有刺鉄線などの金属類、トラックや乾電池などの機械類、戦場用の歯ブラシや石けんなど多岐にわたった。街頭に山のように積まれた戦災後の焼けトタンがなくなり、くず鉄もすべて買い上げられたという。

 米軍特需は1950~1951年に約6億ドル、1952年、1953年ともに約8億ドルに及んだとされている。これは当時の日本の国家予算の3割にあたる額である。

 それから70年近く経った現代において、朝鮮半島情勢の緊迫は、日本経済に何をもたらすのか。マーケットアナリストの平野憲一氏はこうみる。

「すでに上昇している防衛関連銘柄は、時価総額が100億円以下の小型銘柄でした。しかし、もっと大型の防衛関連銘柄に買いが入ってきている。兆候として、時価総額約440億円の日本無線の株が上昇傾向を見せています。

 防衛関連の無線通信機器を扱う企業で、小型銘柄の値上がりが先行して割高感の出たところで、もう一段大きな関連銘柄に買いが入っている。不確定要因は多いとはいえ、この流れで今後、三菱重工やIHIなどの防衛関連大型株が買われていく可能性も考えられます」

 市場への影響は、短期的なものに止まらないとする見方もある。「今回の危機が日本の防衛産業を成長させるきっかけとなり得る」と指摘するのは株式評論家の植木靖男氏だ。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

トルコリラ2019年の見通しをトルコ人アナリストが徹底予想
月4000円の金利収入も メキシコペソ円のスワップが高いFX会社は?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2019 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。