マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

ネットメディアのギャラ事情、4年前と今の違いは?

2017年4月22日 16:00

 確かに2013年あたりまで、「ネットは記事1本で3000~5000円」といった風潮があった。また、紙メディアでボツになった原稿を出す場所としてのネットがあり、その場合のギャラはゼロということもあった。編集部の言い分としては「この件について一応に出してあげたし、あなたの署名も入れるので勘弁してね」というものだ。せっかくの取材ネタをお蔵入りにするのももったいない、取材対象者に申し訳ないということで、ノーギャラでの執筆も受けることもあった。

 そんな時代を経て、私自身も今驚いているのだが、ネットメディアのギャラが上がってきているのを実感している。紙メディアの場合、これまで私が経験した署名原稿1本のギャラは、1万5000~25万円である。ちなみに10万円超の場合は、相当な文字量になるのだが、売文屋としては実に満足のいく金額である。私の場合、大学生時(1993年)のバイト経験が報酬感覚のベースになっているようなところがあり、引っ越し屋での時給941円という金額を上回っていればそれなりに「おいしい仕事」と考える短絡的人生を過ごしている。

 その意味で言うと、紙メディアのギャラは実に高いように思えるが、ネットメディアのギャラも上がりつつあるのだ。もちろん、私自身がネットに詳しいライターとして認知されるようになり、多少なりとも評価してくれる発注主が増えたということもあるが、昨今、私がウェブメディアでの執筆依頼をされた場合、1本1万円以下はほぼなくなってきた。ある時は、「1本7万5000円」をオファーされ、あまりにも恐れ多く5万円に下げてもらった経験さえある。

 私の場合、ネットメディアの原稿執筆だけでなく、取材を受けることもあるが、その時の取材謝礼は5000~1万円が普通である。まさに紙メディアレベルの金額になっている。そして、先日仰天したのが、1時間30分ほどの取材・撮影で5万円もくれるメディアが登場したことだ。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

「LINE」の500円から始める積立投資 特徴は低リスク志向の初心者向け
楽天やdポイントで株投資 100ポイントの少額投資も可能
キャッシュレス決済「LINE Pay」の使い方や特徴を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。