マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

Amazonの生鮮食品通販は再配達なし エリア拡大で送料どうなる?

2017年4月27日 11:30

配送料が上がる可能性も…

 ネット通販の普及もあり、昨今は配達ドライバーの不足が大きな問題となっているが、「Amazonフレッシュ」の場合は自社で配達まで行うという。配達時には、購入者に対しメールを送信。商品の到着が近づくとアプリなどにプッシュ通知をし、商品受け取りのための在宅を促す。それでも不在となってしまった際は、キャンセルとなり再配達はしないという。ツイッターでは、

〈再配達無しだと配送員さんは少し楽になるのかもしれないけど・・キャンセルされたものはどうなるんだろ・・〉
〈再配達なしらしいけど、じゃあ受け取られなかった野菜はどうなるのかとか問題起きそう〉

 と、不在でキャンセルになった場合の商品がどうなるのかを心配するネットユーザーも多かった。

 Amazonでは、「Amazonフレッシュ」だけでなく、スマートフォンの専用アプリを使った「Prime Now」という即日配達サービスを実施している。こちらは対象エリア内であれば1時間以内に商品が届くというもので、「ココカラファイン」「マツモトキヨシ」「日本橋三越店」といった提携店からの配達も始まった。

 利用可能なエリアは限られているものの、即日配達サービスが充実しつつあるAmazon。しかし、やはり問題視されるのが配達だ。流通業界に詳しいライターはこう話す。

「すでにドライバー不足が大きな問題となり、ヤマト運輸がAmazonの即日配達サービスからの撤退を検討しているとも報じられています。さらにヤマト運輸はAmazonに対し、運賃の値上げ交渉もしており、今後即日配達サービスが継続されるなら、送料が値上げされる可能性もあるでしょう。Amazonフレッシュも現時点では自社配達ですが、今後対象エリアが拡大されると配達業者を使う可能性もあり、送料値上げの可能性もあると思います」

 進化していくネット通販に対応するためにも、配達ドライバー不足の問題解決が急がれる。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。