マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

リタイア後はメインバンク見直しを 老後マネーの有効活用も

2017年5月8日 7:00 週刊ポスト

 その構図は、企業のメインバンクの大きなメリットでもある。「毎年1000人の社員が入社するような企業なら、ほぼ自動的に同じ数の新規口座を獲得できる。しかもそれが数十年にわたって継続する」(メガバンクのリテール=個人営業担当者)というわけだ。

 だが、そうした関係は「あくまで“在職中のしがらみ”と割り切るべき」と菅井氏は語る。

「個人のメインバンクは家賃や住宅ローン、光熱費の自動引き落とし口座などになっているので、切り替えるとなるといろいろと手続きが煩雑です。しかし、定年を迎えた(控えた)世代であれば、口座を見直すことを勧めます。退職によって生活スタイルが変われば、それとともに家計のお金の流れも変わります。そうした時に、会社から離れた一個人と向き合ってくれる金融機関を探すことで、老後マネーを有効活用できる可能性が見えてくるからです」

 実際、退職金や年金運用を謳う定期預金商品を見ると、メガバンクよりも、地方銀行や信用金庫・信用組合などのほうが高金利商品も多い。在職中のしがらみから外れることで、様々な選択肢が見えてくるのである。

※週刊ポスト2017年5月19日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。