マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

103万、106万、130万円…パート収入の壁、いくら稼ぐと得か

2017年5月14日 7:00 女性セブン

パート収入の壁を正しく理解しておこう
パート収入の壁を正しく理解しておこう

 100万、103万、106万、130万、141万円…これらは、税金や社会保険料の仕組みによって、主婦の働き方に影響を与えている収入の節目の金額だ。いわゆる「パート収入の壁」と呼ばれているものだ。

 2018年度の税制改正で配偶者控除が拡大され、2017年1月から150万円、201万円という新たな壁が加わる。それぞれの壁を超えると、妻自身に税金や社会保険料がかかるようになったり、夫の税金の控除が使えなくなったりして、一家の手取りが大きく減ってしまうことがある。

 そうならないように働き方を調整している主婦は多いが、新たな壁の登場に困惑している人もいるだろう。ファイナンシャル・プランナーの八ツ井慶子さんは「パート収入の壁の意味が正しく理解されておらず、誤解も多い」と語る。

「今回できる新たな壁は、配偶者控除の見直しによるものです。夫は税金などに影響を受けますが、妻の手取りに影響はありません。自分に合った働き方を見つけるためにも、まずは、それぞれの壁の意味を正しく理解しましょう」

 パート収入の壁は、妻本人の税金や社会保険料に影響するもの、そして夫の税金の控除に影響するものと、2つに大別される。妻のパート収入によって、一家の手取りはどのように変わるのか。まずは、それぞれの壁の意味を確認してみよう。

100万円の壁

 税金計算の基になる課税所得は、収入からさまざまな控除を差し引いて決める。パートなどの給与所得者の住民税には、最低でも基礎控除35万円と給与所得控除65万円がもうけられている。これらを合計するとパート収入100万円までは課税所得がゼロになり、住民税がかからない。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。