マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

毎月分配型ファンド 高水準の分配金引き下げる動き顕著

2017年6月12日 17:00 マネーポスト(雑誌)

 しかし、100円を超える分配金を出しているファンドも、早晩、引き下げざるを得ないだろう。そうしたファンドは、運用して得られた収益だけでなく、投資家が投じた資金を分配金として出しているファンドがほとんどだからだ(投資家の資金が原資となっているものを「特別分配金」という)。

 特別分配金を出し続けた結果、投資信託の価格である基準価額が3000円台、2000円台となっている毎月分配型もある。これは正常な運用とは言い難い。

 分配金が欲しいという投資家は一定数存在する。だが、現在の世界的な低金利下では、持続可能な分配金はおおよそ30円、40円といった水準と思われる。

 30円だったとしても、基準価額1万円のファンドであれば年間3.6%の利回りに相当する。分配金の高さのみに着目して投資するようなことは避けるべきだろう。

※マネーポスト2017年夏号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。