マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

フラット35制度変更 見かけ金利上がるが割安になるケースも

2017年9月6日 15:00 マネーポストWEB

制度変更で、現在の仕組みより割安になるケースもある
制度変更で、現在の仕組みより割安になるケースもある

 この秋、住宅ローンに大きな変化が訪れる。多くの人がローンを組む際に選択肢として考える長期固定金利の「フラット35」で、10月からいくつかの制度変更が予定されているのだ。ファイナンシャル・プランナーの清水斐氏が解説する。

 * * *
「家を買う」という大きな決断をする際には、全額キャッシュで買うという方を別にすれば、検討材料として「住宅ローン」は必ず考えることでしょう。その中で、全期間固定金利の「フラット35」という住宅ローンがあります。この低金利の状況下、ずっと先まで返済額が変わらないことから人気の商品です。

 そのフラット35が10月から変わります。変更点は大きく3つです。

【1】フラット35Sの金利引下げ幅が0.25%に
【2】団体信用生命保険(団信)の特約の保障内容
【3】団信の保険料が金利に含まれることに

 この記事ではこの3つの変更点と住宅ローンをどう考えるかをご案内します。フラット35の商品自体を知りたい方は公式ホームページなどをご覧ください。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。