マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

借りたくても借りられない、「銀行カードローン難民」続出か

2017年12月30日 16:00

総量規制の枠を超えて借りることは困難

 そもそも、総量規制が実施された背景には、ローンによる多重債務者が社会問題となったことがある。そこで、多重債務者を減らすため、年収を基準にして借入限度額を設定したわけだ。しかし、銀行カードローンの存在が、総量規制を形骸化させてしまった。実際、2016年の個人の自己破産件数は前年比1.2%増の6万4637件と13年ぶりに増加し、要因のひとつとして、銀行カードローンの貸付残高の拡大が指摘されている。

 こうした状況を早くから問題視していたのが、日本弁護士連合会である。2016年9月、政府や全国銀行協会などに、「銀行等による過剰貸付の防止を求める意見書」を提出。これを機に、銀行カードローンの規制する機運が高まることになった。

 2017年に入り、一部の地方銀行は、カードローンへの社会的な批判に応える形で“自主ルール”として、総量規制の導入に動く。貸金業者からの借入残高を考慮して、融資を審査することにしたのである。同時に、「年収証明書不要」「審査迅速」といった借り入れを促すような広告・宣伝も自粛していく。

 そして、ついにというべきか、2017年10月、三菱東京UFJ、三井住友、みずほの3大メガバンクが、個人向けカードローンの融資限度額を借りる人の年収の2分の1あるいは3分の1までとする自主ルールを導入することになる(日本経済新聞10月19日付より)。この段階で、事実上、総量規制の枠を超えて、銀行カードローンを借りることが非常に困難となったのである。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

LINEで手軽に株投資! 初心者でも始められる「LINE証券」の特徴を紹介
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。