マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

NHK受信料はどう決められているか 値上げ、値下げの可能性は?

2018年3月5日 7:00

受信料の算出法は?

 決して安くはない、と多くの人が感じている受信料。そもそもこの値段はどのように決められているのか?

「NHKの収入全体の96.7%が、テレビを持っている世帯や事業所からの受信料で成り立っています。受信料は公共事業である電気・ガス・水道と同じく、『総括原価方式』を採用しています。いざというときの予備費用も含めた『放送に必要な総費用』を『世帯数』で割り算して、1件当たりの受信料を決めています」(ジャーナリストの小田桐誠さん)

 1970年代後半から1980年代には4年に1度、受信料が引き上げられ、“五輪値上げ”と揶揄されたこともあるなど、これまでに何度か値段の改定はあった。では、今後、受信料が上がる、もしくは下がる可能性はあるのだろうか。

「1990年代に入ってから、受信料はほとんど変わっていません。BS受信料の着実な増加に加え、年末の最高裁判決を機に受信料収入が急増しているので、しばらく値上げはないでしょう。総務省は受信料の引き下げを求めていますし、NHKの会長も『検討を進める』と発言しています。将来的な値下げはあるかもしれませんが…」(同前)

※女性セブン2018年3月15日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。