マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

4月以降に権利確定の優待銘柄、値上がり益狙える“掘り出し物”も

2018年4月11日 7:00

 そうしたことからも、すでに3月の優待銘柄は一相場を終えたといえ、長期保有される人気銘柄は高値圏にあり、売られた銘柄は株価水準の判断がしづらい状況となっている。

 3月の優待銘柄のうち、クオカードがもらえることで人気の東洋ビジネスエンジニアリング(東証1部・4828)はその典型だ。

 2017年3月1日の始値は1569円で、優待目当ての買いも入り、3月17日には1720円まで10%ほど上昇した。ところが、株主優待の権利が確定する3月28日前後から下がり、4月7日には1580円まで下落した。

 一方、4月に優待がもらえる東建コーポレーション(東証1部・1766)の1年前の株価を見てみると、2017年4月3日の始値8750円から、株主優待の権利が獲得できる4月25日の終値8940円まで穏やかな上昇を記録している。権利が確定した翌日はやや下落したものの、直後からすぐに上がり始め、昨夏には2倍近くの1万6000円に迫る勢いで上昇。現在はその高値から調整しているものの、1万770円とこの1年で若干のプラスを維持しているのだ。

 一口に「優待銘柄」といっても、“オフシーズン”の4月以降の権利確定銘柄には値上がり益が狙える「掘り出し物」も見つかりやすいといえる。

※週刊ポスト2018年4月20日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。