ビジネス

人の命を救う力にもなり得る「100円御用聞き業」が生まれるまで

「他人様に迷惑をかけるな」といわれて育った世代の遠慮深さは、ともすれば本人を思わぬ事態に追い込む。SOSをなかなか言い出せないまま困難を抱え込み、ときに命の危険を伴う事態にならないとも限らない。

 壊れたインターホンは、実は電池切れだった。古市さんが新しいものに替えると呼び出し音が鳴った。

「ピンポーン」──女性は顔をくしゃくしゃにして喜んだ。よく見ると、やせた頬に涙がつたっている。「これで安心して眠れるわ」。何度も頭を下げ、300円を渡してくれた。古市さんはもらった瞬間、背筋が震えた。

「あのとき初めて、生活者の真のニーズにふれたような気がしました。これこそが、自分の仕事だ、と。100円家事代行に命をかけようと決意した瞬間でした」(古市さん)

 そして2010年。御用聞きの仕事をたったひとりで始めた。事務所を構えたのは、練馬区の光が丘団地。2年前に拠点を板橋区にある高島平団地に移した。およそ8500世帯が居住し、約1万7000人が密集するマンモス団地は、65才以上の居住者が4割を占める。

※女性セブン2018年6月28日号

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。