マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

先生を悩ませる「イマドキ運動会」の事件簿 ビデオ判定要求も

2018年7月7日 11:00 マネーポストWEB

 ここ数年、Mさんの学校では、保護者が子どものクラスの色(1組は赤、2組は黄色、といった具合)に合わせた服を着るのがプチ流行中だとか。運動会が始まるまでにすでに大騒ぎだが、本番でも当然トラブルは頻発する。別の小学校の男性教諭・Rさんは、2~3年前にこんな“事件”に遭遇したそうだ。

「徒競走で負けた子の親が、『今のはフライングだ!』と、怒鳴り込んできました。当日は卒業ビデオのクルーが撮影をしていたため、ビデオ判定を要求したのです。体育教師が毅然とした対応をしたため、すんなり引き下がりましたが……。クラス対抗リレーで抜かれてしまった子が、その後、登校拒否になってしまったこともあります。2週間ほどしてその子は登校するようになりましたが、もともとクラスで中心的な子だったのに、すっかりおとなしくなってしまったのは気の毒でした」(Rさん)

体育主任のサングラスが「怖い」とクレーム

 運動会当日には、グラウンドの外でも問題は起きるという。Rさんはこんなエピソードを教えてくれた。

「5月といっても晴れれば暑いので、女性は日傘を使う方が多いのですが、数年前、日傘を巡って保護者同士の間でトラブルが発生しました。『カメラで撮ろうとしたら、日傘が邪魔した』というようなものです。体育主任は、その場で日傘禁止を命じたのですが、その主任がサングラスをかけていたため、運動会後に『怖い』『サングラスはいかがなものか』という声が寄せられ、それ以来、保護者の日傘も教師のサングラスも禁止になりました」

 これだけトラブルが起こればもうお腹いっぱいだが、運動が終わってもまだまだ頭痛の種は尽きない。前出・Mさんが語る。

「ウチの小学校では、保護者によるカメラやビデオ撮影は“肖像権の問題”で禁止です。代わりにプロのカメラマンを手配し、“公式カメラマン”が撮影した写真を販売しますが、写真1枚1枚について、写っている生徒の許可を取ります。顔が切れている子がいると、その写真は基本的に使えません」

 写真の確認作業などは、すべて先生たちがやっているのだとか。ちなみにRさんの小学校では、運動会後に教員総出で打ち上げが行われるのが恒例だが、達成感からか「やたらと盛り上がる」そうで、疲れと興奮から泥酔する先生が毎年必ず出るという……。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。