マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

相場サイクルから読み解く 日本株が「逆金融相場」に転じる日

2018年8月28日 17:00

 さらに米国は10年間で1.7兆ドルの大規模インフラ投資、同じく10年間で1.5兆ドルの大規模減税など積極的な財政政策を打ち出しているため、業績相場の加速が見込まれている。トランプ大統領の言動であれだけ世界を揺さぶっているのに、ニューヨークダウが2万5000ドル台を回復し、ナスダック総合指数が過去最高値を更新しているのが何よりの証といえるだろう。

 日本をはじめとする金融相場では、基本的に株価は上昇基調にあり、買いで儲けられる期間といえる。そして現在の米国のような業績相場も企業業績という好調な実体経済に裏打ちされた株価上昇が見込めることはいうまでもない。

 問題はその先だ。まだ金融相場にある日本では先の話に聞こえるかもしれないが、業績相場はいつまでも続くわけではない。株式投資で大きなリターンを得ようとすれば、「買い時」はもちろん、「売り時」もあらかじめ想定しておく必要があるのだ。

相場サイクルの判断材料となる米国債「イールドカーブ」の動き

 では、どうすればその判断ができるのか。世界的な相場サイクルを判断するうえで有効な方法が、米国債の「イールドカーブ」を見ることである。イールドカーブとは1年以下の短期国債の利回りから10年ものといった長期国債の利回りをつなげたもので、「利回り曲線」とも呼ばれる。金融相場から業績相場に向かうような景気がよくなっていく過程では、景気回復への期待感から政策金利である短期金利よりも長期金利が上昇するため、イールドカーブは右肩上がりの曲線を描く。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。