マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

高級外車からマジックハンド…他、街の駐車場の知られざる日常

2018年9月9日 15:00

駐車場の日常はトラブルだらけ(イメージ)

 車というものは非常に便利だが、厄介なのが駐車場。とりわけ都心部では、空きがなかなか見つからなかったり、停めるのをためらうほど駐車料金が高かったりといったケースも珍しくない。駐車券を利用するタイプの駐車場も多いが、これにまつわる珍事件やトラブルは多い。郊外の駅前駐車場での勤務経験があるA氏(42)は、こう語る。

「私が働いていた駐車場の精算機は、左ハンドルに未対応のタイプでしたが、マジックハンドを使って駐車券を取る人が何人もいました。高級車の助手席にマジックハンドが置いてあると思うと、なんだか面白いですよね。

 精算機に車をぶつける人は本当に多かったです。擦るのまで含めれば、週に1人はいたと思います。基本的には警察を呼んで処理しますが、その場に停めるわけにも行かないので、スルスルと前進し、そのまま当て逃げする人も少なくありません。精算機は結構高くて、修理代に数十万円かかったことも。

 精算機といえば、ある大雨の日、出口の前に大行列が出来てしまいました。怒りまくる運転手のもとに行くと、どうやら湿気で精算機が壊れ、駐車券を精算機に入れても戻ってきてしまう状態になったようです。上司と相談したところ『とりあえず開けて通せ』とのことで、バーを上げたのですが、その後も機械は直らず、結局バーを上げっぱなしにしました。その日は大赤字でした」

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

トルコリラ2019年の見通しをトルコ人アナリストが徹底予想
月4000円の金利収入も メキシコペソ円のスワップが高いFX会社は?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2019 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。