マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

「つみたてNISA」で買うべき商品の選び方 プロ厳選の10本は

2018年10月15日 17:00

目標設定を行い逆算することが大事

 それを踏まえたうえで、「将来どれくらい資産を増やしたいか」「何の目的で積み立てるのか」という目標設定をし、そこから逆算することが大切だという。

「例えば、毎月1万円を積み立て、20年で500万円を貯めたいなら、利回りは7%必要になります。これを実現するには、資産配分は株式100%でないと難しいでしょう。リスクを減らすためには、株の中でも、国内や先進国、新興国と、資産の地域を分散させることをおすすめします。3地域に均等に配分されている『eMAXIS Slim 全世界株式(3地域均等型)』がよいのではないでしょうか」(吉井さん)

 50代で子供が独立し、比較的経済的に余裕がある人なら、そうした積極的な運用を考えてもいいだろう。

「“10年後に子供の大学費用を蓄えたい”という目標はあるが、それほどリスクはとりたくないという40代のかたなら、利回り5%程度の“中リスク”を選ぶとよいです。この場合、株式には60%前後を投資しながら、債券やREITなどでリスクを回避している商品が安心です。株式55%、債券30%、REIT 15%の『りそな・つみたてバランスファンド』はバランスがよいと思います」(吉井さん)

 逆に60代の夫婦の中には、「老後の余裕資金だから大きなリスクはとりたくないが、銀行に預けておくよりは安定的に運用したい」と考える人もいるだろう。

「安定的に3%の利回りを確保するには、株式と債券、半分ずつに設定している、『楽天・インデックス・バランス・ファンド(均等型)』がおすすめです。株の配分も、国内5%、先進国40%、新興国5%と流動性の低いリスク資産も少ないため、安定的な運用が期待できます」(吉井さん)

 確かにこれなら初心者でも簡単で楽ちんだ。あなたも将来に備えて、チャレンジしてみては。

※女性セブン2018年10月18日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。