ライフ

疲労&睡眠不足で… 社会人の「お仕事お疲れ」エピソード集

 酔っ払っていれば、その程度の寝過ごしなど珍しくないが、朝から都合3時間近くも車内で熟睡してしまったという。ヒロシさんは当然大遅刻し、大目玉をくらったが、もっと“重症”と思われるのはケンさん(40代、OA機器リース)だ。

「私は通勤で2回乗り換えをしますが、2回とも階段を登り降りしなくてはいけません。通勤時間帯は誰もが急いでいるので、一定のスピードで整然と階段を登っていきますよね? あのスピードが早すぎて、ついていけなかったんです。さすがにこれはヤバいなと思って、休みを取りました」

 ちなみにケンさんは、学生時代の部活が山岳部だったとか。元・山岳部が階段を登れなくなるとは……。

終業時の更衣室で顔から火が出る体験

 ここまでは「通勤編」を紹介したが、社会人たるもの“本番”は会社。オフィスでもみなやらかしている。マサユキさん(40代、広告営業)はトイレでやらかした。

「会議中にあまりにも眠かったので、中座して顔を洗おうとトイレに行き、『ついでに用も足すか』と便座に座ったら、そのまま小一時間寝てしまいました。たぶん10分か20分だったら怒られたと思いますが、不思議なもので1時間もいなくなると、怒りが心配に変わるようです。上司にも酷く心配されたため、つい『すごくお腹が痛くて……でももう大丈夫です』と言ってしまいました」

 マサユキさんは何とかピンチを回避したが、猛烈に怒られたのはコウジさん(30代、電機メーカー営業)だ。

「営業車を運転している時、猛烈な眠気に襲われたので、某大型量販店の駐車場に車を入れました。営業車で休憩を取る時は、誰かに見られないようにしなくてはいけません。その量販店は地下に駐車場があり、やや薄暗いので、誰かに見られる可能性はほぼゼロ。それまでもたびたび仮眠で使わせてもらっていましたが、その日はよほど疲れていたらしく、4時間近くも熟睡してしまいました。携帯を見ると、上司から合計30回近く電話がかかっていました……」

 上司から事情説明を求められたコウジさん。観念して正直に話したところ、勤怠評価で最低評価を付けられたという。一方怒られはしなかったものの、大恥をかいたのはユウコさん(30代、百貨店)だ。

「私はフロアに出てお客様に対応する部署にいますが、ある日、それまで何百回も着ているのに、制服を前後逆に着て丸1日働いてしまいました。その制服は、前後に着てもそんなに違和感がないデザインだったのですが、終業時に更衣室で着替えている時に同僚から『どうしたの!?』と言われて気付き、顔から火が出ました」

 誰にもでも失敗はあるが、例えば運転中にウトウトすれば命の問題にもなりかねない。「失敗=疲れすぎのサイン」。働きすぎには注意したい。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。