マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

夫婦で「イデコ投資」シミュレーション 20年で558万円の差も

2018年11月2日 16:00

 そして運用益が非課税になる点も見逃せない。イデア・ファンド・コンサルティングの吉井崇裕さんが話す。

「投資信託などでお金を運用すると、通常、運用して得た『運用益』に対して約20%の税金がかかりますが、イデコならこれがかかりません。

 たとえば、夫が月2万3000円、妻が月2万円を20年間積み立てているBさん夫婦が、年3%の利回りで運用した場合、20年後は元本1032万円に対し、夫婦の最終積立額には運用益376万円がプラスされるので約1408万円になります。

 本来ならば、運用益に課税される約76.5万円が引かれてしまうのですが、イデコならこのお金も課税されません」

受け取り方は「一括」と「分割」の2通り

 この運用益の非課税メリットに加え、掛け金の所得控除の節税分を足すといくら得するだろうか。

 Bさん夫婦の場合、20年間の所得税・住民税の節税額は合計182万円。積み立てによる節税額の約76.5万円と合わせると、約258.5万円も得する計算になる。

「イデコがお得なのは、『積み立て運用』の効果も期待できることです。ただ漫然と預金していても、節税どころか、お金は1円も増えません。しかし、イデコで積み立てれば、Bさん夫婦の場合、20年後には最終積立額約1408万円も手元に残る(山中さんによる試算)。何もしなかった場合と比べると558万円の差です(図参照)」(吉井さん)

 イデコは、受け取る時も優遇措置が用意されている。山中さんが語る。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。