マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

台風に備えず他人の家の窓を破損してしまった 賠償は必要か?

2018年11月29日 15:00

 前例がない強力な台風で備えようがない場合には、通常の安全性だと対応できませんから、瑕疵は認められません。ただし、通常経験する台風で瓦などの建物の一部が飛んでしまうと、瑕疵が認められる可能性もあります。

 ご相談の庭に置かれただけの椅子は土地の工作物ではないので、普通の不法行為の成否が問題になります。したがって椅子が飛ばされ、あなたの財産に損害を与えたことについては、持ち主に故意過失があれば、不法行為責任を問うことができます。

 台風の接近が報じられ、防災の必要も周知されており、椅子が強風で飛ばされることは予見できたはずで、野外に規制もなく置いておいたのなら、過失があったといえそうです。よって損害賠償を求めることができると思われます。

【弁護士プロフィール】竹下正己(たけした・まさみ):1946年、大阪生まれ。東京大学法学部卒業。1971年、弁護士登録。

※週刊ポスト2018年11月30日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

FX自動売買おすすめ一括比較!初心者の始め方なども紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。