マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

住まい・不動産

隣人の騒音、家主からの退居要請… 賃貸トラブルの賢い対処法は?

2019年1月17日 16:00

「民法の特別法である『借地借家法』によって、正当事由がなければ賃貸人から契約の更新の拒絶はできないと定められています。ここでの『正当事由』とは建物の著しい老朽化や賃貸人自身が使用する場合などに限られているため、よっぽどの事情がなければ賃貸人の都合だけで、賃借人が出ていく必要はありませんし、退去させることもできません。『まだ借りていたい』と主張すればいいだけなのです」

 言うまでもなく住宅は生活の基盤だ。賃貸物件であっても、住人は法によって最大限に保護されている。どうしても退去しなければならない場合には、立ち退き料などを請求することも可能だという。総じて、借り手側だからといって家主の話に素直に従うのではなく、対等な気持ちで交渉する姿勢が肝心だと言えるだろう。

◆取材・文/曹宇鉉(HEW)

「不動産」関連記事

【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。