マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

帰省しない40代男性を改心させた「人生で残り何回親に会えるか」の言葉

2019年1月19日 17:00

 これまで毎年、東南アジアやアメリカ、ヨーロッパなどに足を運び、1年分の英気を養っていたというNさん。年末年始に親戚づきあいをしなくていい開放感を感じている。

 40代のTさんは、親との関係が良好なわけではないが、ある時期から実家に寄った際は、仲良く過ごすようにしているという。

「私は30代初めまで実家で両親と暮らしましたが、とにかく父親と折り合いが悪く、実家を出てからは本当に必要最低限しか顔を合わせていませんでした。しかしある時、そのことを友人に話したら、『いま、父親と年に1回しか会ってないってことは、もう一生で後10回ぐらいしか会わないってことだよ。今から突然仲良くしろって言われても難しいだろうけど、年に1回会った時ぐらい仲良く過ごせよ』と言われたんです。これにはショックを受けました。

 確かに父はいつまで経っても私を子供扱いし、見当はずれなアドバイスや指図をしてきて、いつも不愉快でしたが、それも『後10回』と考えると、まったく腹が立たなくなりました。帰省しない同世代の友人に同じことを伝えたら、改心したのか毎年、盆と正月には帰省するようになった人もいます。逆に言えば、後10回しかないのが分かっているに、それでも会うとイライラするという人なら、完全に会うのをやめるというのも1つの方法ではないでしょうか」

 世の中には色々な親子関係があるので一概には言えないが、仲違いしている親子の多くも、心のどこかで仲良くすることを望んでいるかもしれない。親の死を待ち望むという意味ではなく、「残り何回会うだろうか?」と考えてみることは決してムダではなさそうだが、いかが?

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。