マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

わが家の生命保険「本当の必要保障額」算出シート

2019年1月29日 15:00

「夫が亡くなると、一家の大黒柱を失い、妻ひとりで子供を育てていくことになるため、子供が小さいほどリスクは大きくなります。子供が成人するまでの養育費は大きく言うと、教育費と日常生活費があります。

 大体0~5才くらいの子供の場合、教育費だけでも1人あたり1700万円程度かかります(公立の幼稚園・小学校、私立の中学・高校・大学に通った場合)。子供が今、中学生なら1400万円、高校生なら大体1000万円程度を目安にするとよいでしょう。

 これに加え、0~5才くらいの子供が社会人になるまでの日常生活費として1500万円ほど必要になるため、合計約3200万円程の養育費は必要になるでしょう」

 これに加え、妻の生活費は、大体5500万円(妻がパート勤務、30才、平均寿命の87才まで生きた場合)ほど必要になる。子供を育てて老後を暮らすためには、合計8700万円程度備えておかなければならないことになる。

子供がいても保険はほぼ必要ない

 ただ、出ていくお金ばかりではない。

「夫が亡くなったら、遺族基礎年金が約1800万円、遺族厚生年金が約2800万円、中高年寡婦加算が約1000万円(妻30才の場合)など入ってくるお金も手厚く、妻も働くことを加味すると、保険で備える必要はほとんどありません。ただ、医療費などは含まれていないため、その分はかかります」

 夫が亡くなったら、住宅ローンの返済が困難になると不安になるかもしれないが、その点は大きな問題にはならない。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。