マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

“国の設計ミス”と皮肉られるほど受給者に有利な「付加年金」制度

2019年2月16日 7:00 週刊ポスト

 サラリーマンなど厚生年金加入者も、50代で会社を辞めるなどして国民年金の「第1号被保険者」に切り替わった場合は、あわせて付加年金に加入できる。また、60~64歳でも、「任意加入」をするのであれば、付加年金の併用が可能だ。

 長くサラリーマンを続けていると、“年金の保険料は決まった額を会社が天引きするのが当たり前”という感覚になり、付加年金のような制度の存在に気づきにくい。

「付加年金は、“国の設計ミス”と皮肉られるほど受給者に有利な制度なので、チャンスがあれば加入しなければ損といっていいでしょう」(北村氏)

 なお、付加年金の加入月数は、35歳、45歳、59歳時に送られてくる「ねんきん定期便」に記載されている。受給が近づいてきたら加入月数が正しく記録されているかも、確認したい。

※週刊ポスト2019年2月15・22日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。