マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

墓じまい、墓石購入、葬儀信託… 親が生きているうちにやるべきこと

2019年2月26日 16:00 週刊ポスト

 また、親が「葬式代くらいは残して逝きたい」と考えている場合も、子供が知っておきたい制度がある。亡くなった時に蓄えが残っていても、本人が死亡したとわかった場合、金融機関は口座を凍結する。親が“葬式のために残したお金”に、子供が手を付けられなくなるのだ。

 それを避けるために「葬儀信託」という制度がある。親が生前にどんな葬儀を行なうか葬儀社と決めておき、葬儀代を「葬儀信託」として信託会社に預けておく。葬儀が終わると信託口座から費用が葬儀社に支払われ、子供は自分の家計から出費せずに済む。

 諸制度・手続きは複雑で多岐にわたる。それゆえ、子供が老親をうまくサポートすることで、家族の利益が守られるのだ。

※週刊ポスト2019年3月1日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。