マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

要介護認定から施設入居まで 親の介護に必要な手続きの流れ

2019年3月7日 16:00

 各市区町村の地域包括支援センターには、介護認定を申請するかどうかの基準として、25項目のチェックリストが用意されている。合計点数が10点以上だと、“日常生活に支障がある”として申請を検討すべきとされている。

 要介護認定を受けることができれば、その後は「ケアマネジャー」と一緒に、親の状態に合わせて具体的な「ケアプラン」を立てていく。ほとんどの人にとって介護は未知のもの。だからこそ、“介護の司令塔”的な役割を担うケアマネジャーの経験や能力は大きな助けとなる。

 介護に必要なサービスは、40歳から加入が義務づけられている「介護保険」によって、原則1割の負担で利用できる。ただし、要支援や要介護の区分によって支給限度額は決まっているため、そこからはみ出した分を本人の年金や貯金で賄えない場合、家族が費用負担を迫られることもある。介護保険を賢く使うことは、家族の家計にも大きく影響するのだ。

 そして、自宅での介護が難しい場合には、「介護施設」への入居を検討しなければならない。施設ごとに様々な特色を持つ半面、親に合った施設を選べなければ、逆に家族の負担が増えることも考えられる。

「要介護認定」、「ケアマネジャー」、「介護保険」、「介護施設」。スムーズな親の介護を行なっていく上で重要になる4つのポイントは、しっかり押さえておきたい。

※週刊ポスト2019年3月15日号

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

相場を予測しないFXで資産1000万円を達成した元公務員
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
30代FX投資家 「リスク」重視の運用で1000万円を突破

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。