マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

「自宅は分割できない」 相続は遺産が少ないほど揉めるワケ

2019年3月13日 16:00 週刊ポスト

 図の「揉めないケース」では、遺言に基づいて自宅を長男が受け継ぐ場合も、次男と三男は500万円の法定相続分の半分(遺留分)にあたる250万円を受け取る権利がある。

「この場合、長男は手元に現金がなかったとしても、相続する自宅を担保にして金融機関から融資を受けて、当座をしのぐ方法があります。金額が小さくなるので、こうした解決策が現実的となるし、弟たちの同意が得られれば、分割で支払うことも可能です」(橘氏)

“ウチは遺産が少ないから、遺言書なんて必要ない”――そんな思い込みによって家族に修復不可能な亀裂が入ることを防ぐためには、従前の備えが肝要となる。

※週刊ポスト2019年3月22日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。