マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

「自宅は分割できない」 相続は遺産が少ないほど揉めるワケ

2019年3月13日 16:00 週刊ポスト

 図の「揉めるケース」のように、父の死後に長男が「親父から『自宅はお前に継いでほしい』といわれていた」などと主張し、弟たちが遺産の“独り占め”に反発する展開になると、分割協議はたちまち暗礁に乗り上げる。

 仮に、父の遺産にそれなりの額の現預金があれば、「家は長男に、現預金は次男、三男に」といった分け方が可能だが、自宅だけだとそうはいかないのだ。

 次男、三男は「家なんてさっさと売り払って、そのお金を三等分すべきだ」と言い出すなど収拾がつかなくなる。

「法定相続分に従うと、評価額1500万円の遺産を3人の息子が500万円ずつ分けることになります。

 法的な落としどころとしては、長男が自宅を継ぐ代わりに自腹を切って、弟2人に500万円ずつ代償金を支払う方法がありますが、1000万円を捻出するのは簡単ではない。自宅の所有権を兄弟3人で共有する選択肢はあるものの、住んでいる長男が自由に改修できなくなるなど、デメリットが大きい」(橘氏)

 こうしたケースでは結局、長男が何とかやりくりして弟たちに現金を払い、事態をまとめるパターンが多いという。

 遺産総額1500万円なら、基礎控除(4800万円、法定相続人3人の場合)の範囲内なので、相続税はゼロ。弟たちへの支払いで多額の出費を強いられた長男には、「相続にお金はかからないと思っていたのに……」という恨めしい思いが残り、弟たちとの関係は後年に至るまで悪化しかねない──。

 このようなトラブルを回避するには、「一にも二にも、父親の生前に遺言書を書いておいてもらうことが大切」と橘氏は指摘する。

「父親が『自宅は長男に遺す』との遺言書を残しておけば、どんなに不公平な配分でも法的な拘束力が生まれます。生前に父親が息子たちに対して均等配分しない理由を説明し、全員が納得した状態にしておけるとなおよいでしょう」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。