マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

親の遺言書で兄弟に軋轢 遺留分をめぐるトラブル避けるには

2019年3月20日 11:00

 逆に、A氏のように遺留分を請求する立場にある者が、少しでも取り分を増やそうと評価基準の緩い不動産鑑定士を雇い、鑑定価格が高額になるよう誘導することもあるという。お互いの主張が平行線をたどり、相続問題が長期化することが多い。

「この場合、両者がそれぞれ別の不動産鑑定士に評価を依頼し、その中間を取る方法があります。ただ、何よりよいのは、父親の生前に“遺言を書いているのか”を確認し、その内容を家族で共有しておくことです」(橘氏)

 全員が了解する内容の遺言をまとめるのには、それなりの労力がかかるかもしれないが、親の死後に罵り合うよりは、家族間のしこりが残りにくいはずだ。

※週刊ポスト2019年3月22日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。