マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

不動産

家の「借地権」とは何か? 将来的に土地を買い上げることは可能か

2019年3月31日 11:00

 借地権は相続できますが、特約がなければ、売買や贈与はできません。建物を売ると借地権も付随して売られるので、地主の承諾が必要です。こうした制約に関し、地主と協議できないときは、一定の承諾料の支払いを条件に裁判所の許可を得て、増改築などをしたり、借地権譲渡もできます。

 また、地代の額が地価や公租公課、さらに経済情勢の変動により不相当になったときは、その増減を互いに請求でき、合意できなければ、裁判所が決定します。しかし、借地権者は土地を将来的に買い上げる権利はありません。

 借地権付建物を買うときには、売主が地主の譲渡承諾を得ることが大前提ですが、買主は売主から現行の借地契約の借地権者の地位を引き継ぐので、契約の内容を慎重に確認することが大切です。

【弁護士プロフィール】竹下正己(たけした・まさみ):1946年、大阪生まれ。東京大学法学部卒業。1971年、弁護士登録。

※週刊ポスト2019年4月5日号

「不動産」関連記事

【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。