トレンド

乗馬マシーン、ビリー… 平成に流行った懐かしのダイエット

【バランスボール:2000年】
 弾力のある大きなボールを使って様々な筋力トレーニングをしたり、ボールに乗ってバランスを取ることで体幹が鍛えられたりと、様々な効果が期待できるバランスボール。トップアスリートたちが練習に取り入れている姿を密着番組などでも見かけます。慣れてくると、「バランスボールに乗ったままテレビを見る」といった芸当も可能ですが、ひっくり返ると思わぬ大怪我になることもあるので、慢心は禁物です。

【黒酢ダイエット:2004年】
 毎日、適量の「黒酢」を飲むことでダイエット効果が期待できるというもの。「脂肪燃焼を促進する」「疲労回復」「便秘改善」などが謳われており、健康ブームにも乗って今ではスーパーやコンビニなどで、定番商品になりました。

【乗馬マシーン:2006年】
「乗っているだけでOK」というお手軽系ダイエットの極みとも言えるのがこちら。乗馬型マシーンに乗り、振り落とされないように踏ん張ると、ダイエット効果があるとされていました。あれから十数年、なかなかのお値段だったため、処分するわけにもいかず、家の片隅でホコリをかぶっている人も多いのでは? そのあたりはルームランナーやぶら下がり健康器と同じ系統です。

【ビリーズブートキャンプ:2007年】
「ビデオを見ながら激しく運動をする」という、キツいダイエット方法ながら、大ブームとなったのがこちら。米軍の訓練「ブートキャンプ」がその基礎になっており、鬼教官の“ビリー隊長”こと、ビリー・ブランクスさんが言う「ゆっくりでいい、とにかく続けるんだ」「辛かったら休んでいいぞ、でも諦めるな」「ビクトリー!」といったセリフが印象に残っています。

【レコーディングダイエット:2007年】
 評論家の岡田斗司夫さんが、著書『いつまでもデブと思うなよ』で提唱したダイエット法がこちら。かいつまんで言うと、「何を飲み食いしてもよし。ただし、それを全部書きだせ」というものです。「これだけ食べれば太るわ」と確認するのが、いかに大事かということ。ストレスがかからないという意味では、非常に優秀なダイエット法かもしれません。

【朝バナナダイエット:2008年】
 これは上述のリンゴと同じ系統のダイエット。やり方は単純で、「朝食にバナナを食べる」というものです。似た系統としては、「朝キウイ」「夜トマト」といったブームも。また、食べ物系ではこのほか「寒天」「こんにゃく(系商品)」などもありました。

【ロングブレスダイエット:2013年】
 俳優の美木良介さんが提唱して一躍大ブームとなったのがこちら。意識的に呼吸法を変えてインナーマッスルを鍛え、代謝を上げていくという仕組み。大きな話題となり、関連本の累計売上部数は200万部を突破しました。

関連キーワード

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。