マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

ネットニュース黎明期に集ったライターたちはこんな面々だった

2019年6月1日 16:00

ネットニュース黎明期のライターはこうして集められた(イメージ)

 今では新聞社・出版社を筆頭に、数多くの企業がニュースサイトを運営しているが、2000年代中頃、ネットニュースが勃興し始めた頃は、まだ海のものとも山のものともわからぬ状態だった。紙媒体が隆盛を極める中で、あえてネットニュースのライターとして働いていたのは、どんな人たちだったのか。ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が振り返る。

 * * *
 2006年5月、突如として某ニュースサイトにフリーの編集者として参画することとなりました。当時は新聞社や通信社のサイトはありましたが、まだ多くの出版社が参入したりする以前で、J-CASTニュースが登場した直後にあたります。

 それまでは私は雑誌『テレビブロス』の編集者をやっていたのですが、正直この話をいただいて、「どうすりゃいいんだ、こりゃ……」と頭を抱えていました。何しろ、編集者だったくせに、私自身ライターの知り合いがほとんどおらず、誰に声をかけていいのやら分からなかったのです。それなのに毎日、最低8本の記事を配信しなければならない。

 ブロスの時は、A氏とB氏という2人のライターと組むことが多かったのですが、他に付き合いのあるライターは特集に応じて映画ライター、アニメライター、漫画ライターなど専門分野を持つ人に頼む程度でした。A氏とB氏は、ニュースサイトにも協力してくれることになったのですが、それ以上のコマがなかった。

 さらに、当時はまだ紙メディアが「王道」というか、ライターの主戦場だったため、「ネットでニュースを配信する」なんてことを言うと「はぁ? 私は今、雑誌の仕事が忙しいので、そんなネットごときに書く余裕なんてありません」なんて言われることもありました。

 とりあえず、運営会社の人に「知り合いのライターを紹介してほしい」と言ったところ、C氏を紹介してもらい、彼の参加が決定。あとは、私が以前にライターとして携わっていた『日経エンタテインメント!』の編集者に、誰かライターを紹介してもらうことになりました。そこで出会ったD氏は当時某週刊誌の編集部の契約記者だったのですが、彼女が同誌の契約記者をさらに5人紹介してくれました。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。