マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

大塚家具のお家騒動、父娘よりも問題を根深くした兄妹間の確執

2019年6月5日 16:00

家族の感情的な対立が、問題解決を困難にしているという(大塚久美子社長。写真:時事通信フォト)

家族の感情的な対立が、問題解決を困難にしているという(大塚久美子社長。写真:時事通信フォト)

 創業家をめぐるトラブルが、企業価値そのものを揺るがす事態が相次いでいる。

 2001年にトステムとINAXが経営統合してできた住宅建材の最大手住宅建材のLIXILは、取締役会議長として同社を引っ張ってきた潮田洋一郎氏(トステム創業家出身の2代目)と、プロ経営者として招いた瀬戸欣哉・前CEOが経営路線を巡り対立。潮田氏は瀬戸氏を事実上、解任した。

 するとその過程に不透明な点があったとして、海外投資ファンドが反発。瀬戸氏は旧INAX創業家出身の伊奈啓一郎取締役や川本隆一取締役と手を組み、潮田氏の解任を求める事態に発展した。

 LIXILのようにガバナンスの問題であるうちは、まだいいかもしれない。いつ終わるとも知れない親子の感情的な対立が、問題の解決を困難にしているのが大塚家具だ。

 大塚家具は2015年に大塚久美子社長が父で創業者である勝久氏を会長退任に追い込んで以来、対立が続いている。大塚家の事情を知る関係者たちは「父・勝久氏は娘の久美子社長が歩み寄ってくれれば、許したいのが本心ではないか」と口をそろえる。しかしそうはいかない事情がある。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

FXトラリピの成功者2人が語る「長期運用の秘訣」とは
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。