マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

10月の消費増税前に買っておくとお得なものリスト

2019年6月12日 15:00

買わなくてもいいもの

【軽減税率の対象品】
・飲食料品
 人の飲食料品として販売されているものは、基本的に軽減税率の対象に。「高級食品のキャビアや霜降り松阪牛であっても、購入して持ち帰るのであれば税率は8%。買いだめする必要はありません」。

・アルコール1%未満
 酒類の消費税率は10%になるが、アルコール1%未満であれば“酒”とは見なされず消費税率は8%のままだ。「ノンアルコール飲料や甘酒はもちろん、みりん風調味料なども8%のままです」。

・健康食品
 サプリメントなど健康効果のある商品のうち、トクホ(特定保健用食品)、機能性表示食品、栄養機能食品は、医薬品ではなく“食品”なので、軽減税率の対象になり、8%のままだ。「医薬品類に含まれるかどうかは、ラベル表示で確認を」。

 なお、住宅は高額なため消費税増税の影響も大きそうに見えるが、住宅ローン控除の拡充、すまい給付金など、10月以降に実施される控除も活用できるので、増税前に買うべきかどうかは、どちらともいえないようだ。同じく、自動車についても10月以降に自動車取得税が廃止されるなどするため、買い時は車種によって異なるといえるだろう。

※女性セブン2019年6月20日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。