マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

そうだ、キャンプ行こう! 愛好者が語る自然の中で過ごす喜び

2019年6月15日 11:00 マネーポストWEB

若いキャンプ愛好者が増える理由とは
若いキャンプ愛好者が増える理由とは

 キャンプ愛好者が増えている。日本オートキャンプ協会の調査によれば、日本のキャンプ市場は5年連続で前年を超えた。キャンプを題材としたマンガ『ゆるキャン』のアニメ放映や、芸人のヒロシがYouTube上で自らのキャンプライフを配信していることなども、話題になっている。また、キャンプを1人で楽しむ「ソロキャンプ」、テントの設営や食事などを業者が代行する「グランピング」が普及するなど、様々なキャンプの形態が登場している。

 また、楽天が発表した「夏のヒット番付2019」でも、キャンプ・アウトドア関連が上位にランクインしており、人気のほどがうかがえる。若いキャンプ好きに、キャンプをする理由とその醍醐味を聞いた。

自然の中で「人間になりたい」

 30代の会社員・Aさんは、かれこれ5~6年キャンプを愛好している。都内近郊を中心に年に2~3回出かけ、キャンプ経験は通算20回ほど。会社の先輩に誘われたこともあるが、幼少期に家族で楽しんでいた影響も大きいという。

「育った家での経験から、将来、自分に家族ができても楽しめる趣味だと思って始めました。今までずっと都会育ちなので、住むのは都会がいい。だけど、たまには自然の中で喧騒を忘れたい瞬間もある。川のせせらぎや、風に揺れる葉音を聞くと、“人間”に戻ったという感覚がしますね。朝から自然の中でコーヒーを飲むだけで、心がリセットされます」(Aさん)

 キャンプでは、流しそうめんやボードゲーム、登山を楽しむ。こだわりは特にないが、キャンプは、家族や友人と時間を共有する体験型消費の極みだと捉えて、今年の秋からは、妻と子どもとのキャンプを開始しようと考えている。テントは10年以上使うことを見越して、15万円ほどのものを購入した。ほかにも、クーラーボックスや、日差し避けのタープ、椅子、焚き火台など、年々キャンプグッズを買い足し、累計金額は約35万円ほどだ。

 キャンプ1回の費用は、車のレンタル代、食費、そしてキャンプ場料金2000?5000円で、合計約1万5000円ほど。自然の中で過ごす時間が心地よく、今年もあと3回は行こうと思っているという。

 だが、有意義と感じる時間のなかで、トホホと感じる瞬間もあるようだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。