マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

そうだ、キャンプ行こう! 愛好者が語る自然の中で過ごす喜び

2019年6月15日 11:00

「正直、キャンプ道具だったり、自分の体験についての“うんちく”を語る人もいて、ちょっと面倒くさいです。道具のこだわりについて必要以上に語っても、他の人にとってはどうでもいいでしょう。あと、長時間拘束されることになるので、リフレッシュできる一方で、どうしても疲れは出ます。さらにテントを専用業者に洗濯してもらうだけで、1万円ほどかかるのも、ちょっと難点でしょうか」

都心で気軽に焚き火をしてアウトドア気分

 20代の会社員・Bさんは、年に3回ほど、東京都の多摩地区や城南地区にある認可を受けた公園や河川敷での焚き火を楽しむ。数日間出かけるキャンプと異なり、半日ほどでアウトドア気分を味わえるのが魅力だと語る。

 焚き火をする日は、昼過ぎに仲間と集合して、レンタカーで河川敷に出かける。焚き火台や薪、着火剤、鉄網などの必需品のほか、マシュマロやつまみなども持ち込んで、火であぶって食べるという。フリスビーやキャッチボールをすることもあるが、仲間たちと火を囲み、語りあっている時間の方が長い。

「川沿いの冷たい風を浴びながら、焚き火で暖をとると、無心になれます。泊まりのキャンプにも行ったことがありますが、寝袋だと周りが気になって、ゆっくりと休めない。何より貴重な土日をキャンプだけに割くのはもったいない気もして、気軽な焚き火の方が、自分には合っていると思います」(Bさん)

 都会の喧騒から離れて、自然の中で過ごすことは、プライスレスな体験なのかもしれない。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。